12月 252012

ガンスリンガーガールが終わってしまいました。
あー。なんというか残念です。

まぁヘンリエッタも云々で、正直少し残念だったのですが、個人的には終わらせ方は良かったのではないかなぁと思いました。
題材も面白い作品ですし、良い意味で厨二要素も(多分)ありつつ、萌えに寄ってない戦争面の強い作品だったので気に入ってました。

普通の書店で購入したので、メロン特典とかは無かったのですが、なんでこれ、メロンとかそういったところの特典しかないんでしょうかね。八王子のメロンブックスにでもいってみようかな。

11月 222011

見といてほしいアニメですな〜。思わずかきたくなりました。
前少し見てたんですが、タイミングが合わなくてみれてませんでした。
ディスカスで届けてもらってますが、やっぱり良い作品ですよね。全部見れてない(というか出てない)ですが。

公式↓
http://www.anohana.jp/

ノスタルジックな作品って好きなんだなぁ、と思う、今日この頃です。

あ、そういえば先日現地に行ってきました。
秩父ですね。

車で西武秩父駅?まで行って、ちらっと観光とかしつつ、グッズが色々売っていたので買ってみました。
結構良いところだと思いましたが、正直、僕の地元と風景はあまり変わらずw こちらも高尾とかその辺ですからね。
とはいえやっぱり、山のある景色って好きだなぁ。
落ち着く。

3月 192011

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、 心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

メルティングポットのライブが終わり、多くの喜びと、なんていうかミスった箇所の後悔とかを感じながら、次のライブやら楽曲制作やらをやろーっ、と思いつつ、仕事に追われる毎日でした。

3月11日。僕は10日までに支払わなきゃいけなかった反則金(スピード超過)の手続きをしに、立川に向かってました。
立川の警察の分署みたいなところで、再発行手続きを行った後、車に乗って立川の郵便局に向かっている最中に地震が起こりました。
警察を出てほんの数分。
信号が赤になり停止している最中でした。
なんか変な動きを自分の車がしているな、と思いつつ、まぁ車だしね、とタバコに火を付けつつ窓の外にいた、おさぼリーマンを眺めてました。

揺れが止まらないなぁ。。

おさぼリーマンが、そわそわしだして、立ち上がって。その周りにいる人も周りを見渡し始めて。
僕もおかしいな、と思って信号とかをみたら、えらい揺れてました。
あらら。地震か。大きいな。

ぶっちゃけたいした事ないだろう。ちょっとやむまで時間がかかりすぎだけど。とか思いつつ、信号が3回青にかわった時点で地震も落ち着きました。

車で立川駅前に向かうと、ビルの中にいた人たちが道に溢れていて、信号やビルの避雷針を指差しながら話してました。
すごい人でした。そりゃそうだ。そんだけ働いてたりするわけで。

車に乗ってるとわからんもので、そんなにひどい地震か?と本気で思ってました。
カーステはiPhoneで曲をかけているので、当然ラジオとかもかかってないわけで。

近場のタイムスに車を止めて郵便局へ。
iPhoneでMapみながらうろうろしつつ到着。
局内にお客さんが誰もいない。
受付終了してんのか?と、時間を確認するも普通に営業中。
で、支払いを終えました。

せっかくだから、少し歩いてみようと、大通りを歩くと、やっぱりビルというビルからたくさんの人が避難している。
そんなに大きかったか?
と、そのとき、余震がありました。
たしかに大きい。なるほど。これは避難するよね。とか思ってました。

んで、車に戻って、にちゃんねるのニュー速で地震スレあるかな、と見たら、えらい速度。
なんでもフジテレビで黒煙。とか。

あらら。とか思ってました。

んで、家に帰って仕事の用意をしつつテレビを付けて、始めて事の重大さに気づきました。
それでも、まだ、こんな事になるとは思ってませんでしたが。

その後、NHKつけっぱなしで仕事をしつつ、1週間たちました。
仕事そのものは、停電や電話が使えない事や、ガソリンが入れられない事や、電車が動かないなど、色々あって、進捗がすごく悪い状態です。
ただ、IT屋みたいなお仕事なのでネットに繋がって電気さえ復旧すれば、仕事はできるのも事実。
という事で、現在も仕事をしつつ、このエントリーを書いています。

この1週間を見ていて、色々疑問に感じた事や、ある程度自分のスタンスを明確にするべきかなぁ、とか思いました。

僕の表現(音楽とか制作とか)、という観点での最も優先度が高い事は、以前エントリーした通り、怒りでした。
怒哀楽喜の順です。

いや、そうじゃなくて。やっぱり僕は、

民主党は絶対肯定できない。
日本の左翼思想には多分一生賛同できない。

と、いう事。
緊急時に誰が悪い、とかそういった事ではなく、彼らの行動や言動、考え方には、やっぱり賛同できない。
念のため、自民が公明が共産じゃなきゃ!とか、そういった事ではないです。
色々理由はありますが、いったんこの災害が落ち着くまでは、自分の頭んなかがまとまらない気がして。
まとまっても書かないかもしれないですけど。

あと、ツイッターは、憤りや怒りなど、感情の起伏がある時に見るのは目の毒だ、という事もよくわかりました。
ツイッターはよくROMってるんですけど、今回はうん。ほんとにそう思いました。
それらのつぶやきが悪い、とか言っているのではないです。ツイッターが悪いという事でもないです。
悲しいときとか怒っているとき等に、周りの人が色々言っているのが耳に飛び込んでくるような感じ。
最も今回、僕にとって一番役にたったのは、ツイッターのDMでしたので、用法用量を適切に使わないといけないな、と思いました。

これから仕事に戻りますが、救助・復興支援等の情報とかを見つけたら、時間をみてエントリーしようかと思います。

音楽活動もやらなきゃね。ここ1週間以上なにもしてない気がする。いかんいかん。
編曲しなきゃいかんかったのに、手つかずだ。。。

最後に、数ヶ月後ですがライブの予定があります。
それまでにはきっと、楽しく音楽が聴ける環境が出来上がってると思ってます。
頑張って練習等します。
(少ないと思いますけど)このブログを読んでくださっている方々と、楽しい時間を共有できればいいな、と思います。

1月 292011

ポンパレがでてきたりする。

これって、コンテンツマッチやコンテキストマッチじゃなかったんだっけ?
すくなくても、グルーポン系やリクルートの記事は投稿してないんだけどなぁ。

グルーポンといや、なかなか話題になってるみたいで。
去年の春くらいに、話題になりはじめてから、はやいもんだなぁ。
こんど書こう。

ペニオクも含めて。

1月 242011

映画「ソーシャル・ネットワーク」が1月15日に公開したわけですが、さて興行収益はどの程度になってるんだろう。
最近テレビをあまり見ないのと、あまり外に営業的な事をしていない事もあって、情報に疎い気がしています。

という事で、調べてみました...が、まだ出てないみたいですね。

「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生をデビッド・フィンチャーが映画化したって事で話題になったのかしら。アメリカで。

ゴールデングローブ賞も4部門獲得したそうで。

映画はまだ見てないですが、マーク・ザッカーバーグも、なかなかの変質者(良い意味で)のようですな。

ま、いいや。
全世界で会員数が5億人とも6億人とも言われているFacebook。
日本のユーザーから見て、いったいどうなんだろうなぁ、とか思ってます。
どっかの記事で、いつだったか見た時は、日本で200万アカウントくらいってのってた気がする。

いいや。結論を。
日本での取り上げられ方を見ていると、セカンドライフを思い出すんですよ。なんか。
今回は映画が先なので、セカンドライフの時ほど、違和感は無いんですけど。

そもそも日本では先行したサービス(mixiやgreeやモバゲーや色々)が既に存在していて、それらサービスが、1000万〜という会員がいる状態です、と。
それらサイトは、日本のIT文化であったりサービスであったりっていうものを組込んだUIになっていて、ある程度直感的に利用ができているわけですな。
さらに、1000万を超えたって事だけで言うと、先行してtwitterがあります、と。

いったい現時点での日本市場で、facebookにある優位性ってなんなんだろう、と考えたとき、いまいちピンときていません。
fbmlにしても、ファンページにしても、概念等も含めて理解するまでに一定の時間がかかるし、そもそも自分のプライベートな情報を公開する事に、どの程度のメリットがあるのかが、分かりにくいかな、と思います。

例えば、日本でfacebookを使う人が数千万規模になれば、たしかに母校や以前の職場等で、疎遠になってしまった人を見つける事ができるかもしれないし、その縁がもとで、何か新しい事や友人関係といったものが作られるかもしれない。

でも、現状はそうなっていない。
僕は、1976年生まれですが、自分の情報や母校を登録し、母校のファンページ?(てゆーかタグ)を閲覧してみたところ、同窓生の数は6人程度でした。
これでは利用する意味が無い。まだmixiのコミュ内スレッドの方が多い。

・独自の単語があり、それを理解する必要がある。
・UIが日本人ライクではない。
・個人情報の公開が前提。
といったハードルをクリアしてきた人しかいない状態なんだろうなぁ、と。
この状態だと初速が出ず、映画を見て登録してみよう、と思った人が何をしたらいいかがよくわからないのではないかな、と感じてしまう訳です。

たしかに世界的には人気があるのかもしれないけど、はたして日本で定着するのはいつ頃でしょうかね。若干疑問です。

ところで、なんでマーク・ザッカーバーグの事を映画にしたんでしょうね。
僕がマカーなせいもあると思いますが、ジョブズとゲイツの映画の方がよっぽど面白いとおもうのだけれど。ピクサーで作ってディズニーで配給すればヒット間違い無し、なんではないかな、とか思う。彼らが亡くなったら作るんですかね。

カテゴリー

© 2017 PYS/Soundf Suffusion WordPress theme by Sayontan Sinha